スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
FontBook JP リリース
Lemke Software社のフォント・ユーティリティ“FontBook”をローカライズしました。
まだ細部の調整中ですがリリースされましたのでお知らせします。
http://www.lemkesoft.com/en/fontbook.htm
http://hp.vector.co.jp/authors/VA034381/fontbook.html

未分類 | 11:14:59 | Trackback(0) | Comments(-)
バージョン 5.3.2
バージョン 5.3.2
※10月21日現在リリースされているものはまだ日本語化されていない部分があります。
[改善点]
* レイヤ・ポップアップが現行レイヤをチェックし非表示レイヤを無効化
* 二重の直線を削除する機能を追加
* 環境設定でリストのフォントを変更可能
* 照合する機能を改善
* Mighty Mouseをサポート
* イタリア語版を追加
[バグ修正]
* 図面が無い状態でセット・ウインドウをクリックした際に起こりうるクラッシュを修正
* 開くコマンドをキャンセルした後に起こりうる-48エラーを修正
* Mac OS Xでの自動キャッチ・モードで起こりうるクラッシュを修正
* 最近の項目メニューでのファイル名バグ(charset, long names)を修正(Mac OS X)
* ドキュメント化されていないハッチ・コマンドをDXFの取り込みが無視するようにした
* シンボルが角度を持てばシンボル内のハッチングは回転されるようにした
* 寸法の編集ウインドウのバグを修正
* 水平/垂直スライダーで起こりうるバグを修正
* 直線の照合を改善
* 開くダイアログで終了メニューを選択した後に起こりうるクラッシュを修正
* 図面の選択保存をした後のファイル名バグを修正(Mac OS X)
* 不正確なハッチングを含むDXFファイルを取り込む際に起こりうるクラッシュを修正
* 削除及び移動操作後のリフレッシュを改善
* 翻訳のバグを修正
* シンボルを分解した後の一部が欠けたテキスト(かなめの線で)
* シンボル・ウインドウへ変更した後のセット・ウインドウでのバグをリフレッシュ
* テキスト・ボックスでのズームのすべてのバグを修正
* テキスト・ボックスでの取り消しのクラッシュを修正
* 図面を開かずにカラー・ピッカーをクリックした際に起こりうるバグを修正
* HPGLの取り込みをさらに安定させ、ラベルがありかつDTコマンドが失われたファイルを取り込むようにした

バージョン履歴 | 21:50:16 | Trackback(0) | Comments(-)
概要・画面・特徴
概要
* CADintoshは2次元汎用CAD(2D Computer-Aided Design)ソフトウェアです。
* Macintosh(マッキントッシュ Mac マック)で作動します。CPUは68k・PPC(PowerPC)・Intelで、OSはClassic・MacOS Xで作動します(ユニバーサルバイナリ版もあります)。
* テクニカルドローイング(建築、土木、造園、機械、電気などの設計)用CADプログラムです。服飾型紙、デザイン、イラスト、図表作成などにも応用できます。
* CADintoshはフリーウェアではなくシェアウェアです。無登録(ライセンスキー(パスワード)を入力しない場合)でもCADとして必要な基本機能は試用できますが、一部の特別コマンドが使用できません。また、起動時に十数秒の警告があります。継続してご使用になる場合は登録をお願いします。

* CADintoshはLemke Software GmbHが製作しています。
* CADintosh JP(日本語版)は、Makoto Inoueがプログラム中の文字及びユーザズガイドをオフィシャルに日本語化(ローカライズ)しているものです。

画面(スクリーンショット)
screenshots.jpg

特徴
* 相互に連動したサブ画面(一方の作図と同時に描写されます)
* エレメント数はメモリーによる制限のみ
* ペン基準モード: 8ペン 太さ/カラー
* 個別モード: 太さ 0.0~99.99mm, パターンカラー
* 直線、円弧、寸法、スプライン、ハッチングなど様々なツールがあります
* HPGL, DXF 及び PICTを取り込み、取り出しができます
* 6線種(実線、破線、1点鎖線、2点鎖線、破断線、点線)
* 32000 グループ
* 1024 レイヤ
* インチ及び自由定義による代替単位(m、㎝、㎜など)
* シンプルで使いやすいレイヤフィルタ
* さらに登録版では拡張レイヤフィルタ(フィルタセットに名称を付け、それを表示するテーブル)が利用できます
* 内部シンボル(数はメモリーによる制限のみ)が使用できます
* さらに登録版は外部シンボルライブラリを持ち、シンプル作業も可能です
* 図面内でユーザ設定ができます
* 68K版・Classic(PPC)版・X(Carbon)版・X(UniversalBinary)版があり、ほとんど全てのMacで使用できます
* PDFマニュアル(ユーザーズ・ガイド)が付属します

基本ツール
直線 円 弧 テキスト
寸法 トリム 変形 グラフィック
削除 面 X-ライン 特別
line.png circle.png arc.png text.png

dimension.png trim.png move.png attitude.png

delate.png hatching.png xline.png special.png

概要・画面・特徴 | 21:33:31 | Trackback(0) | Comments(-)
00 CADintosh入門について
CADintosh入門は、Thorsten Lemke氏の許可を得て、Introduction.pdfをそのままコピーしているものです。"Exciteで和訳する(参考)"で日本語訳を見ることができますが、機械翻訳ではかえって解り難くしている箇所も多くあります。原文と共に流れを大まかに把握するのに利用していただければと思います。

※なお、初めてCADintoshをご使用になる方はユーザーズガイド(PDFファイル)の方をおすすめします。Classic版ではCADintosh JPフォルダの中にあります。X版ではメニューのヘルプから選択して開きます。その中のサンプル図をCADintoshで描いてみると操作の感じがつかめると思います。

目次
01 Introduction
02 The first Line
03 Split
04 A Door
05 Labeling Objects
06 Symbols
07 Editing Symbols
08 Managing Symbols
09 Hatching
10 Dimension
11 Move
12 Stretching

CADintosh入門 | 13:00:26 | Trackback(0) | Comments(-)
05 Labeling Objects
Exciteで和訳する(参考)

Finally, we will draw a table that can be moved and rotated freely as an example of furniture. Using the pop-up menu, select the Line at an Angle tool from the top left of the toolbox.

labeling16-3.jpg

Select the Freehand (11) catch mode on the left and click the center of the top left room. At the bottom left of the window, you will be asked to enter the angle and length for the new line that will be drawn from the point you clicked. Enter a zero for the angle and 1.5 as the length.

labeling16-4.jpg

The first edge of the table will appear.

labeling17-1.jpg

Select the tool for drawing parallel lines and click below the line you just created. Enter 0.8 as the spacing at the bottom left and end the entry with Return.

Select the tool for point-to-point lines that we also used for the last line of the door path and select the automatic catch mode (14). Click the right-hand end of the upper line and then also the right-hand end of the bottom line of the table. CADintosh will join the two line ends with a line. Click the lines again, but this time at the left-hand end to connect the left-hand line ends.

labeling17-2.jpg

We will add a label so that the table is always recognizable as a table. Select the text tool from the right-hand column of the toolbar in the second line.

labeling17-3.jpg

Click the Freehand catch mode on the left and click the left-hand area inside the table. Enter "Table 1.5 x 0.8 m" as the text at the bottom left of the window. Press Return to complete your entry. The text will be too large at first.

labeling18-1s.jpg

Using the pop-up menu for the text tool, select the text tool for changing parameters:

labeling18-2.jpg

Click the text. A dialog with text settings opens. This may take a while if you have installed a large number of fonts.

labeling18-3s.jpg

Enter 1mm as the height. The font will then be shown smaller. Refresh the screen by pressing F12 as parts of the old font are sometimes left over.

You can use the freehand tool at the bottom right of the toolbox to move text objects freely. If you want to move text to a position in the drawing further away, it may be easier to select the move tool for text:

labeling19-1.jpg

Click the text and it will then be shown in a rectangle. Now click another point. The text will be moved to the point you clicked.

labeling19-2s.jpg


CADintosh入門 | 12:55:33 | Trackback(0) | Comments(-)


前のページ 次のページ
Search
Search this site.
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Profile+Misc.

  • author: Makoto Inoue
  • 日本語ローカライズ担当




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。