スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
02 The First Line
Exciteで和訳する(参考)

To draw the first line, click the top left tool in the toolbox. Hold down the mouse button. A popup menu opens where you can select the top right tool Line at an Angle.

line5-1.jpg

Enter 0,0 as the coordinates at the bottom left. You may find it easier to enter a space instead of the comma. A comma will be added automatically. Press Return to complete your entry.

line5-1.jpg

You will then be asked to enter the angle at the same point. Values that you do not need to change are preset in the entry box.

line5-1.jpg

The first value is the angle. The line is horizontal at 0.00 degrees. Instead of the comma, a period will appear in the first value because this is the international standard. The value for the length of the line comes after the comma: 100.00, i.e. 100 meters. This value is not significant because we selected infinite as the basic setting. Press Return to confirm these values. The line will then be drawn.

line5-1.jpg

In the entry section at the bottom left, you will be asked to enter the values for the next line. Enter 0,0 for the first line and confirm the entry with Return.

You will then be asked to enter the angle and length for the line. The last values entered always appear as the preset values. Enter 90 as the value for the angle. You do not need to enter a length because we enabled infinity. Press Return to complete your entry. A vertical line will appear.

line5-1.jpg

We need two more lines to make the base rectangle. To draw these lines, we will use the Parallel Lines option because this is the fastest method. Open the pop-up menu for the tool at the top left of the toolbox and select the second tool from the left in the top line.

line5-1.jpg

The mouse cursor will turn into a crosshair. At the bottom left of the window, you will be asked to click a line. This line will be the reference object. The new line will be drawn parallel to this reference line. Click above the horizontal line. You should not hit the line, but click just slightly above it as the new line will always be drawn on the side of the reference line where you click it. You can specify how far from the reference line you may click under Options / Mouse as Catch Radius.

line5-1.jpg

The line is highlighted red to identify it as the reference object for a moment. At the bottom left, you are asked to enter the spacing. As our house is 8 meters wide, enter 8 and confirm the entry with Return as usual. A parallel line will be drawn on the working area spaced exactly 8 meters from the first line.

If the second line is not displayed, you may have accidentally selected a different zoom level with the scroll wheel on your mouse. Select zoom level 100% using the + and - buttons at the top right of the window frame or turn the scroll wheel on your mouse until 100% appears on the right in the Position palette.

line5-1.jpg

Now click slightly to the right of the vertical line and enter the value for the spacing in the same way as for the line you just created. Our house will be 10 meters long. Enter 10 and end the entry with Return. CADintosh will draw a parallel line at a distance of 10 meters. So we have now drawn the basic rectangle for our house.

line5-1.jpg

In the next step, we will remove the overhanging lines. This is called trimming. Save the file and select the third tool from the top in the right-hand column.

line5-1.jpg

Select the Automatic Catch Mode (14) at the bottom of the window frame that you can use constantly apart from a few special cases.

When you use the trim option, you select an element that then more or less acts as a knife edge. If you click a second element, it is cut by the first one like with a knife. Click the right-hand vertical line. The line is highlighted red to identify it as the reference object for trimming. Now click the top horizontal line along the section that should be kept, i.e. between the crossings of the vertical lines. The part overhanging to the right will be trimmed and thus deleted.

line5-1.jpg

The right-hand vertical line is kept as a reference object. Click the middle of the bottom horizontal line between the junctions of the vertical lines to also trim the bottom horizontal lines.

Reset the reference line by pressing the Escape key. The right-hand vertical line no longer appears in red. Click the left-hand vertical line to set it as the reference object. Click the middle of the top and the bottom horizontal line between the junctions of the vertical lines to trim the overhanging lines on the left.

line5-1.jpg

Trim the remaining overhanging lines by canceling the reference object with Escape again and making the top and then the bottom horizontal line the reference object. Click the center areas to delete the overhangs as you have already done with the other lines. End trimming by switching to the tool for parallel lines at the top of the left-hand column in the toolbox.

Next we will draw the outside walls with their actual thickness using a second inside line. Click slightly to the right of the left-hand vertical line to draw a line parallel to it. At the bottom left of the window, you will be asked to enter the spacing for the new line. The walls will be 30 cm thick. Therefore enter 0.3 since the unit is meters. Press Return to complete your entry.

line5-1.jpg

The result is a parallel line that overruns infinitely in both directions and will therefore have to be trimmed later on. While the automatic catch mode is selected, a red circle with a cross will appear on the junctions and center points of lines to help you select these points precisely. You can ignore this display if, for example, you click a line just as a reference object.

line5-1.jpg

Now click the bottom horizontal line and confirm the suggested last entered value of 0.30 meters with Return. Click above the bottom horizontal line. CADintosh will draw the inside wall. Proceed in the same way with the two remaining walls. Do not forget to confirm the suggested value for the distance with Return otherwise the line will be drawn at the point you click and with the wrong distance.

line5-1.jpg

The overhanging lines need to be trimmed in the next step. Proceed as described above. Select the trimming tool in the toolbar (second column, third line). Click the second horizontal line from the top to trim along it. Click the two vertical lines inside the rectangle and proceed in the same way on all sides.

line5-1.jpg

From CADintosh 5.2, the drawing will be refreshed automatically after each action if you are using Mac OS X. You will therefore not see any gaps in the remaining lines even after deleting parts. Please only read the next paragraph if you are working with older versions.

Older versions of CADintosh (5.0.1 and older) will not redraw the content of the screen after each work step since this can take slightly longer with complex drawings and would be annoying. Therefore you will see small gaps in the lines at the points where they were covered by other lines that have been deleted. If you are using Mac OS X 10.2 and CADintosh 4.x or older, you can refresh the screen with F11 to display the lines continuously. Under Mac OS X 10.3 Panther, F11 is reserved for Exposé. CADintosh 5.0.1 therefore uses F12 for redraw. Alternatively you can turn the scroll wheel on your mouse one step back and forth or hold the Shift key and move the window section slightly with the mouse to trigger a redraw.

You can select the function key assignment freely under Options / Function Keys....

line5-1.jpg

Click the small “Z” button at the top right corner of the window to zoom the drawing until fills the window. Next we will draw an inside wall. Select the tool for parallel lines again and click the inside of the bottom wall. Enter 3 at the bottom left as the inside wall will be 3 meters from the selected outside wall. Press Return to complete your entry.

line5-1.jpg

Cancel the reference line with Escape. Select the new line as a reference line and draw another line over this line with a spacing of 0.22 meters using the same technique. Trim the new lines so that they end at the inside walls.

line5-1.jpg

The next inside wall will divide the bottom room into two rooms. Draw a line parallel to the right-hand wall at a distance of 5 meters and another line parallel to the new one at a distance of 0.22 m. Trim the new lines. The results should be the same as in the following screenshot.

line5-1.jpg

>> 03 Split

スポンサーサイト
CADintosh入門 | 11:58:59 | Trackback(0) | Comments(-)
01 Introduction
Exciteで和訳する(参考)

Are you moving and would like to arrange your furniture in a plan of your new home? Or are you building your dream house? Then CADintosh is the ideal tool for you as even the shareware version has many of the options that feature in professional technical drawing programs.

It may take you a while to find your way around CADintosh, but your efforts will pay off as CADintosh drawings can be saved in formats like DXF or HPGL for further processing by an architect.

If you have previously worked with graphics programs like QuarkXPress and Photoshop, you will find the methods used in CADintosh totally different. In these programs, you draw rectangles in one action with a rectangle tool. CADintosh does not have this kind of tool as lines are used as the basis for technical drawings.

When you start CADintosh for the first time, a number of palettes will appear on the screen that we will not need for this introduction. Close all palettes except for the toolbox by clicking the round close box at the top left. You can display these palettes again using the Window menu. The toolbox is at the top right of the screen.

intro1-1.jpg

Select File / New. A dialog where you can enter details on the drawing opens.

intro1-2s.jpg

Leave all boxes unchanged and click OK. CADintosh will then open a new document showing a white work area. There is a cross in the middle at position 0.0 to aid your orientation. This is not part of the drawing and will not appear on printouts.

intro2-1s.jpg

Click Options / Drawing to open the following dialog:

intro2-2s.jpg

In the Unit of the complete drawing pop-up menu, select m (meter) as the unit and close the dialog.

There are a number of pop-up menus and buttons at the bottom left of the window frame that will help speed up your work. In the line above, text appears asking you to make a entry or perform an action depending on the working situation. We have numbered the individual areas so you can find your way quickly.

intro3-1.jpg

At the bottom left of the window frame, open the pop-up menu with number 6 for the scale that is still currently 1:1.

The open pop-up menu will not be displayed completely. Move the mouse cursor over the number area and then down again onto the arrow pointing downwards. The pop-up menu will now appear completely.

intro3-2s.jpg

You can select 1:100 for the scale as a drawing of an average house normally fits on a DIN A4 sheet. Before you draw the first line, select a few other details like the line thickness:

Click the left-hand pop-up menu with number 1. Select pen 3 in the pop-up menu that draws lines with a thickness of 0.5 mm.

intro4-1.jpg

The solid line has already been set correctly two menus to the right under number 3. Open the menu to check. If the check mark is next to the solid line, you can close the pop-up menu by clicking next to it.

intro4-2.jpg

In CADintosh, you can create parts of your drawing on different layers. Imagine the layers are like transparent sheets laid on top of each other on an overhead projector. For example, it is useful to place all furnishings for a floor plan on a different level to the actual floor plan because the different layers can be hidden and displayed individually. You can then save the floor plan at any time as a file in standard DXF format without the furniture for use by an architect. Click File / Save As... and select the format in the file selection dialog.

In our example, we will start our drawing on layer 10 so that the layers 0 to 9 below that are kept free for possible extensions. Click the fourth box in the bottom left corner of the window.

The following query appears in the line above that: Select elements or enter layer (0-32000):

Enter 10 for layer 10 after the colon. There is a cursor at this position. Press Return to complete your entry.

Two figures are shown for the groups one box further to the right (5). There is a zero on the right in this box. If another value is displayed, change the value to zero. Repeat this for the layer setting. This setting does not need to be explained at this point.

An A should appear in the eighth box. This A stands for All as a selective filter. The selective filter defines which elements should be effected by your actions. This setting does not need to be explained at this point.

The sideways eight displayed one box further to the right (9) is the infinity symbol. This function is disabled in the Preferences. The symbol is therefore crossed through. Click the box to enable infinite for all lines that will be drawn. The infinite symbol will appear without being crossed out.

All lines that you draw with this setting will be infinite at first, but will then be cut to the required size later on.

None should be set as the final style for the lines one box further to the right (10). This is a default setting. It is always worth checking this setting, however. The box has two pop-up menus which you can use to select arrowheads, for example. The left-hand pop-up menu defines the final style for the start of the line, the right-hand pop-up menu the final style for the end of the line.

You define the catch mode with the four boxes 11 to 14 on the right. Click the right-hand box of the four (14) if it has not been selected yet.

>> 02 The first Line

CADintosh入門 | 14:10:09 | Trackback(0) | Comments(-)
このサイトの目的
* CADintosh JPの紹介
* CADintoshの日本語化に関する補完及び充実
* 一人のユーザとしてCADintosh情報を公開

コンタクト・ポリシー | 18:32:23 | Trackback(0) | Comments(-)
ToDo
* Introduction.pdfの翻訳
* Users Guide JP(マニュアル)の更新

Tips・メモ・バグ | 18:29:12 | Trackback(0) | Comments(-)
バージョン 5.3.1
バージョン 5.3.1
* フランス語版イントロダクション・ドキュメントを追加
* 日本語訳を更新
* 英語版イントロダクションのバグを修正
* フランス語版の自動キャッチモードのバグを修正

バージョン履歴 | 19:40:46 | Trackback(0) | Comments(-)
バージョン 5.3~3.5
バージョン 5.3(変更点の日本語未訳)
* 新規事項:
 ・編集ウインドウを追加
 ・Tiffを薄く表示するオプションを追加
 ・スペイン語訳を追加
 ・Live panningを追加 (オプション)
 ・Live zoomを追加 (オプション)
* 更新した事項:
 ・セットが自動モードをサポート
 ・再製図の速度を改善
 ・PICTのプリント速度を改善
 ・レイヤ名でのツールtipをクイックレイヤに追加
 ・MacOS Xでのツールウインドウのボタンサイズを改善
 ・その他多くの小さな更新
* バグの修正:
 ・自動モードとX-ラインで起こりうるバグを修正
 ・多くの内部変更とバグ修正

バージョン 5.2
* Introduction PDFを完全に改訂(英語)
* Coordinatesファイルの取り込みを追加
* 平行線の製図を簡素化
* 部分的にヘルプ・ヒントを追加
* MacOS Xでの再製図の速度等を改善
* 自動キャッチモードを改善
* DXF取り込みを改善
* その他多くの小さな変更とバグ修正

バージョン 5.1
* MacOS X バージョンに多言語サポートを追加
* 直線/円弧の輪郭をX-ラインに変換する機能を追加
* ヘルプメニューを追加
* DXF 取り出しを改善
* その他の変更とバグ修正

バージョン 5.0.1(日本語版は未リリース)
* 使用しているレイヤをウインドウのフッタで簡単に選択することができるようにした
* 寸法がゼロで起こるクラッシュを修正
* 10.3のためのダイアログを改善
* 小数点第0位を取り除くことができるようにした
* 公差値の編集バグを修正

バージョン 5.0
* 自動キャッチモードを追加(完全な作図をするための工程を大きく向上させます)
* MacOS Xでのプリントに関する多くの問題を修正
* PantherのためのGUIを改善
* コマンド・ラインを最適化
* テキストボックスでのバグを修正
* DXFの取り込みを改善
* その他多数のバグ修正と改善

バージョン 4.4
* ハイブリッド モードの追加(TIFF上に重ねての製図のための取り込み及び消しゴム)
* テキストのための入力テキストで選択されたテキストフォントが使用可
* DXF2000ファイルの取り込み後の注釈の追加
* TinkerToolとの不一致を修正
* Carbonバージョンでsessionプリントが使用可
* MacOS XでのクリップボードへのPICTコピーが作動
* ハッチングのHPGL取り出しでのクラッシュを修正
* シンボルライブラリも未登録バージョンで使用可 (ただし限定あり)
* DXF取り込みの改善
* プリントの改善(MacOS X)
* 寸法のオプションに延長線を追加
* CADファイルを開く際にフォントをチェックする;フォントは置き換えられない
* ファンクションキー設定のバグを修正
* その他多数のバグ修正と小規模な拡張

バージョン 4.3
* MacOSX10.2に対応
* STL取り込み(バイナリ)の追加
* 閉じたX-ラインを作成するオプションの追加
* MacOSXでのプリントバグを修正
* ファンクションキー設定でのバグを修正
* サブ画面での座標表示のバグを修正
* MacOSXでレイヤ設定がプリントできる
* 10,000より多くのX-ラインに分解する際のクラッシュを修正
* 隅丸長方形に面(ハッチング)ができる
* シンボルライブラリ取り込み時のクラッシュを修正
* その他バグ修正

バージョン 4.2
* 日本語訳その他修正
* プリントに関する改善(Carbon)
* ロングファイル名称対応(Carbon on MacOS X)
* DXFの取り込みと取り出しを改善
* バグ修正と内部変更

Users Guide JP リリース

バージョン 4.1
* 日本語版リリース
* Carbonに関する改善
* DXFの取り込みを改善
* IGES detectionを改善
* 多数のバグ修正と内部変更

バージョン 4.0
* 最初のCarbon版
* DXFの取り込みと取り出しを大幅に改善
* 多数のバグ修正と内部変更

バージョン 3.7.1
・ 削除後に発生するクラッシュ要因を修正
・ 回転したテキストの表示中に発生するクラッシュ要因を修正
・ 結合動作後に発生する再描写に関するバグを修正
・ その他の内部変更

バージョン 3.7
・ MacOS 9に対応
・ 基本的なアップルスクリプトに対応
・ DXFの取り込みを改善
・ IGESの取り込みを改善
・ ハッチングのプリントを改善
・ 図形全体のプリントを追加
・ 相対座標を改善
・ その他の変更とバグ修正

バージョン 3.6
・ テキストボックスを追加
・ DXFの取り込みと取り出しを改善
・ IGESの取り込みと取り出しを改善
・ PCカラーテーブルを追加
・ PCカラーテーブルとMAC カラーテーブルの選択を追加
・ 分数に関する改善
・ 外観に関する改善
・ 多数の内部変更
・ バグを修正

バージョン 3.5.1
・ 切断線を改善
・ フィルタ機能を改善
・ 寸法編集のバグを修正
・ エレメントの移動中に発生するバグを修正
・ 線の編集中に発生する表示に関するバグを修正

バージョン 3.5
・ MacOS 8.5に対応
・ DXFの取り込みと取り出しを改善(DXF13, 14など)
・ IGESの取り込みと取り出しを改善
・ SELIGの取り込みを追加
・ ユーザ定義のフィルタを追加
・ その他の改善
・ 内部のバグを修正

バージョン履歴 | 17:08:52 | Trackback(0) | Comments(-)
バグ情報
(私が確認しているもの)
* DXF保存で日本語テキストが部分的に文字化け(cf. Tips)
* メニュー>編集>TIFFの"表示/隠す"が逆になっている

Tips・メモ・バグ | 17:07:30 | Trackback(0) | Comments(-)
メモ
V5.1について
* ヘルプ>Users Guideを開く... で開くのはUsers Guide JP V4.0です。Users Guide V5.0は未だ翻訳していませんが、V4.0とそれほど変わりありません。
* ヘルプ>Introductionを開く... で開くのは英語版です、まだ翻訳していません。

V5.0.1について
* V5.0.1日本語版 JPはリリースされていません。
* オプション>"表示..."、"テキスト/注釈/アイテム番号..."、"寸法..."のダイアログ・タブ中の文字が文字数制限のため一部英語のままです。

V5.0について
* CADintosh X V5.0よりダウンロード・ファイル形式は".sitx"になっています。".sitx"はAladdin StuffIt Expander Ver7.0以降で解凍可能です。
* 選択モード(1. フリーハンド/グリッド 2. 交点 3. 中心/端点)に自動(キャッチ)モードが追加されました。交点および中心/端点にスナップできます。ウインドウの下方にある選択モードの"A"をクリックするか、tabキーを押して選択モードを切り替えます。自動キャッチ半径のポイント数はメニュー>オプション>マウス... で設定します。なお、英語版のマニュアルV5.0にも自動モードについては未だ書かれていないようです。
* CADintosh X(といってもCarbonアプリのようです)はクラシック上でも起動はしますが、プリントができないようです。Classic環境ではCADintosh Classicを、OS XではCADintosh Xを使用されることをお勧めします。
* CADintosh JPのフォルダの中には"Order Form.pdf"が入っていますが日本語版の登録はこのpdfを使用せず、オンライン(KAGI)でお願いします。

ユーザーズ・ガイド日本語版はV4.0のままですがUsers Guide USはV4.4です。主な変更点は「TIFFの取り込み」、「ビットマップ消しゴム」関係です。Users Guide USは http://www.lemkesoft.org/files/cad44us.sit または http://www.lemkesoft.org/files/cad44usppc.sit の中にあります。以下は主な新規部分の訳です。
* 4.12.8 ビットマップ消しゴム(TIFFs)
マウス・ボタンを押すと消しゴムが指す部分が消えます。この操作は「取り消し」ができません。このファンクションは通常、スキャンした図面をCADintoshでトレースする際、その部分を消すのに使用します。
* 5.2.9 TIFFを取り込む
TIFFの図面を開くためのファイル選択ウインドウが表示されます。図面(左下の角が基準点)は座標0,0の位置に挿入されます。このファンクションはスキャンした図面を追加、製図するのに有効です。TIFFは常に1ビット(白黒)として取り込まれます。
* 5.3.14 TIFFを取り除く
このサブメニューの中には開いている全てのTIFFが表示されます。その中から選択したものが取り除かれます。
* 5.7.18 消しゴム
消しゴムの大きさを設定します。※US版の文は間違っています。

Tips・メモ・バグ | 17:04:06 | Trackback(0) | Comments(-)
Tips
インストール方法(解凍に用いるAladdin StuffIt Expanderは最新のものをお勧めします)
1. ダウンロードしたファイルを解凍します(ブラウザによっては自動的に解凍されます)。
2. デスクトップ上に表れるCADintoshフォルダ(OSXでは.img)を開きます。
3. その中のCADintoshフォルダをデスクトップまたはハードディスク上にドラッグ(コピー)します。

はじめに
* まずはユーザーズガイド(PDFファイル)にざっと目を通して下さい。Classic版ではCADintosh JPフォルダの中にあります。X版ではメニューのヘルプから選択して開きます。
* ユーザーズガイドのサンプル図をCADintoshで描いてみると操作の感じがつかめます。→ユーザーズガイドp.11

操作性向上
* マウスとSpecialキー(Control, Shift, Option)の組み合わせで操作が素早く行えます→ユーザーズガイドp.94
* 選択(スナップ)モード:「フリーハンド/グリッド」、「交点」、「中心/端点」→ユーザーズガイドp.10 **「中心/端点」で円の中心もスナップすることができます。
* 情報ウインドウの中の項目をクリックするとその数量や座標が入力行に入力されます。

図面データの「作成日付」は、日月年の順になっていますので注意が必要です(再入力することはできます)。

Carbon版(MacOSXで)の保存時で初期設定されている名称(例えば名称未設定)が文字化けすることがあり、この場合、再入力します。

図面をプリントするには、あらかじめプリント範囲を定義する必要があります。

入力行
* 数値およびY/Nの入力は半角です。
* 入力行のテキストが文字化けしている場合:オプション→入力行...→日本語フォントを選択します。

作図
* 直線の等分する方法:直線の両端から平行線を描きます→この平行線を等分する「直線/平行複線」を描きます→目的の直線を平行線との交点を「トリム/分割」します

機能
* オブジェクト移動:楕円やXラインを移動した後、他のオブジェクトを選択できなくなった場合→escキーを押します

登録バージョン
* シリアルナンバーを入力(登録)しましたら、一旦CADintoshを終了させます。次の起動時から登録バージョンとして作動します。

パレット類(座標表示、ツールボックス、情報ウインドウ、シンボルパレット、セットパレット、レイヤフィルタ、カラーパレット、パターンパレット、画面範囲パレット)をデスクトップ画面上に表示するには、
* メニューから「ウインドウ」を選び、各パレット類の「表示」を選択します。

DXF形式ファイル"開く/保存"時の文字化け対策
* "開く":ファイル選択ダイアログのオプションでCodepage"Apple"を選択。JW_CADで保存したDXF形式ファイルもテキストが文字化けせずに開くことができました。
* "保存":ダイアログのオプションでCodepage"Apple"を選択。"保存"については部分的に日本語テキストが文字化けします。半角のアルファベット、数字は問題無いようです。

Tips・メモ・バグ | 16:46:21 | Trackback(0) | Comments(-)
ダウンロード・サイト
CADintosh JP
* Lemke Software GmbH (68k, Classic, X, ユニバーサルバイナリ 最新バージョン)

* Vector(本家より少し遅れて更新されます)
CPU 68k(680xx) 68K 4.1.2
MacOS 7.5.3~7.6.1 PPC 4.2
MacOS 8.0~9.2 PPC 4.4
MacOS 8.6~9.2 Classic 最新バージョン
MacOS X(10.1.5)~ X 最新バージョン
MacOS X(10.4.5)~ X(ユニバーサルバイナリ)最新バージョン


シンボル・ライブラリ(ボルト・ナット、鋼材、建築関連、電気関連など)
* Lemke Software GmbH (Libraries CADintosh)

CarbonLib 1.6
* アップルコンピュータ (CarbonLib 1.6)Carbon版を使用する際に警告が出ましたらインストールして下さい。

Aladdin StuffIt Expander
* act2(Aladdin StuffIt Expander)CADintoshJPの解凍には最新版をお勧めします。

ダウンロード・サイト | 14:42:25 | Trackback(0) | Comments(-)
コンタクト
* サポート(プログラムに関する問い合わせ及びバグレポートなど)は直接 Lemke Software GmbH へ英語かドイツ語でお願いします。

* CADintoshの日本語(誤訳、訳漏れ、解りにくい表現及び用語など)及びこのサイトに関するお問い合わせ、御意見がございましたらメールで へお知らせ下さい。なお、できる範囲で対応したいと思いますが、返信ができないこともあります。

その他
* トラックバックはお気軽にどうぞ。
* コメントは今のところ受け付けていません。
* リンクはご自由にどうぞ。ご連絡の必要もありません。

コンタクト・ポリシー | 11:31:47 | Trackback(0) | Comments(-)


Search
Search this site.
Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
03月 « 2005/04 » 05月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Profile+Misc.

  • author: Makoto Inoue
  • 日本語ローカライズ担当




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。